テモナ株式会社 Recruit2018

テモナ株式会社 Recruit2018

ENTRY

INTERVIEW 役員座談会

INTERVIEW 役員座談会

鈴木 隆廉
佐川 隼人
宮崎 善輝
中野 賀通

理念が揺らがなければ、
何をしてもいい。

事業を通して世の中を “てもなく”することを目指すテモナ。
どんな会社になっていくのか、変わらないテモナらしさとは何なのか、
4名の経営陣に伺いました。

佐川 隼人

代表取締役CEO佐川 隼人

鈴木 隆廉

取締役CFO鈴木 隆廉

宮崎 善輝

取締役COO宮崎 善輝

中野 賀通

取締役CTO中野 賀通

「大企業病には、絶対にさせない」

佐川 隼人
「テモナは社員同士のつながりが濃くて、一人ひとりがとんがっていますね」とよく言われますが、この社風は規模が大きくなっても無くさない。
中野 賀通
社風は社員数の増大に伴って変わるものではない。ただ、組織が拡大すると、チーム毎に個性や特色が出ても良いのかな。
鈴木 隆廉
組織が大きくなると、佐川さんを頂点とした指揮系統ははっきりしていくかも。でも、下からもどんどん意見が上がってくるテモナらしさや、自発性が認められる風土は変えたくない。規模は大企業になるかもしれませんが、大企業病にはさせたくないですね。

一同:それは絶対にさせない

宮崎 善輝
会社が大きくなっても、テモナらしさを失わせない。それは我々経営陣の役割です。でも、社員数の規模が5倍や10倍になることまで考えると、この風土を維持していくには工夫や努力が今以上に必要なんでしょうね。
鈴木 隆廉
佐川さんはよく言ってますよね。「それはお客様のためになるのか」「“てもなくする” 理念につながるのか」って。
佐川 隼人
『ビジネスと暮らしを“てもなく”する。』という理念は共通の価値観。これがある限り、社員たちの方向性がブレることがないからです。

「理念については、金太郎飴」

中野 賀通
僕は何でもぶっちゃける、言い合える雰囲気が好きだな。
鈴木 隆廉
佐川さんは、定期的に社員一人ひとりとの会話に時間を割いていますね。
佐川 隼人
1対1のコミュニケーションは大切ですよ。「コイツ、こんなこと考えていたのか!」という発見がいつもありますから。
宮崎 善輝
社長が社員とここまで向き合うことは、中々ありませんよ。
佐川 隼人
一人ひとりがチャレンジしているのを確かめたい。そして、それを応援したい。だから、ぶっちゃけて欲しいんです。社員たちの中に「右に倣え」のような雰囲気が出てきたら、それは真剣に壊しにいきますよ。
鈴木 隆廉
優秀な人でも、テモナの文化に合わない人はいます。そういった方は絶対に採用しません。他社で活躍した方が本人も幸せでしょう。
佐川 隼人
社員全員がとんがって考え、変化や失敗を恐れず、当事者として取り組んでいかないと、テモナの理念は絵に描いた餅になる。極論を言えば、理念に即していれば何をやっても構わないんです。
宮崎 善輝
外国籍の社員も増えてきましたが、誰もが理念への想いについては金太郎飴のように同じ回答をするはずです。今後も理念に合わない方は優秀であっても採用はしないですね。

「社員の熱量は途方もなく大きい」

宮崎 善輝
それにしても、ウチの若手社員のマインドは熱い。
中野 賀通
ホント、熱量は大きいです。社員たちが世の中を“てもなく”するために意見を熱く語っているのを見ていると、目頭が熱くなります。僕が普段言っているのは、「世の中一般のモノサシで自分を測るな!」ということだけ。せっかくの熱量を全開にチャレンジして欲しい。
宮崎 善輝
同感です。同世代と広く交流して、自分よりできる人間を見つけて追いかけて欲しい。
佐川 隼人
「負けた」「悔しい」と思うことが人を成長させる。勝っていると思っていたら、徐々にしか伸びなくなるものね。
鈴木 隆廉
だから佐川さんは、日頃から自分の周りに自分よりもできる人を置きたいと言ってるんですね。
佐川 隼人
ドラゴンボールじゃないけど、「強いヤツと戦いたい!」。
中野 賀通
今は世代的にワンピースですよ(笑)

「自分自身に一番わくわくしている」

中野 賀通
熱量の大きな若手社員たちがどう成長していくのか、それは本当にワクワクしています。
鈴木 隆廉
私など、40代半ばにもかかわらず、若い頃よりも自分自身にワクワクしていますよ。いろんなことに挑戦できるからです。テモナでは、チャンスは待っていてやってくるものではなく、自ら掴み取りに行くもの。躊躇していては掴めるものも掴めません。
宮崎 善輝
テモナには常に良くしようという力が入り続けています。だから、創っては壊しての連続。弛緩する暇のない筋肉質な組織がどこまで強くなれるのか、私はそこにワクワクしますよ。
佐川 隼人
会社経営をクルマのドライブに例えるのですが、テモナというクルマのハンドルを握っていると、いつも視界良好ではありません。会社全体がチャレンジしているので、敢えて困難なルートを走っているからです。アクセルを踏みすぎると、会社組織というボディは根を上げることになります。でも、1年に何度か、ボディがしっかりと仕上がってきて道も晴れる時があります。これは思いっきりアクセルが踏めるタイミングです。ベンチャー企業ならではの、ワクワクする瞬間ですね。

「社員に会って、テモナを感じて欲しい」

宮崎 善輝
テモナはまだまだ小さい会社。だから今入社すれば、スタートアップした会社の発展期に活躍できます。もみくちゃになりながら嬉々として仕事をしたいような方には、またとない会社ですよ。
鈴木 隆廉
そうですね。就職は職に就くと書きますが、学生の時は知らないことが多いと思います。様々な経験を積める環境でいろんなことを吸収できるテモナは、自身の将来の可能性を最大化できる会社だと思います。
中野 賀通
大学に入れてくれた親のことを考えて安定のために不本意な進路を選ぶよりも、生き生きと仕事を楽しんだ方が、よっぽど親孝行です。
佐川 隼人
就職活動でテモナを志望した学生さんには、裏表のない社員たちを通じて、テモナの理念を理解し、何を目指し、何を成し遂げようとしているのか、それを肌で感じて欲しいですね。