テモナ株式会社 Recruit2018

テモナ株式会社 Recruit2018

ENTRY

BUSINESS STRATEGY 事業展望

BUSINESS STRATEGY 事業展望

ミッション

ストックビジネスの普及を目指し、次々と新たな領域を開拓していきます。

  • たまごリピート
  • ヒキアゲール
  • URARA
  • たまごリピート
  • ヒキアゲール
  • URARA

ストック型社会の到来で世界中の生活者に恩恵を

現在のテモナの事業では、「たまごリピート」が売上の大半を占めています。テストマーケティングの段階を終え、2015年10月に完成度を高めてリニューアルした「ヒキアゲール」は、これから収益を生み出すフェーズに入ります。そして、「たまごサブスクリプション」は2016年4月に立ち上がったばかりです。ただ、いずれのサービスもストック型の収益モデル。安定した売上を継続している「たまごリピート」に加えて、新規2事業が順調に売上を積み重ねていくと予測しています。

そこに先ごろ、満を持して女性向けメディアの「URARA」がサービスを開始しました。メディアによって生活者を集め、1000社を超えるテモナの顧客である事業者に送客を行っていきます。この第4の事業をスタートさせることにより、「URARA」で集客をし、「ヒキアゲール」で購入してもらい、「たまごリピート」でリピーターにするというECの一連のサイクルを提供できる体制が整いました。

取締役CFO 鈴木 隆廉

ECに関するトータルソリューションが完成した今、テモナではIPOが現実的な構想になっています。IPOを活用してヒト・モノ・カネの経営資源を手に入れ、それらを活用してストックビジネスをあらゆる業界・業種に広げ、本当に“てもない”世の中を目指します。

世界中の生活者に恩恵が行き渡るまで、私たちの挑戦は続きます。

取締役CFO 鈴木 隆廉

取締役CFO鈴木 隆廉

ファイナンス担当役員として、財務管理を任される。大手IT企業幹部を経て、チャレンジを続けられるテモナの経営に参画。フィンテック事業への進出にも意欲を見せる。